Study Academy

関関同立・産近甲龍に特化した情報誌

「留学にいきたい!!でも費用高すぎ」というあなたへ

f:id:nicks-carmero:20181120104844j:plain

 

英語講師のNomuです!!

 

近年、留学必須の学部や国際関係の学部が増えてきましたね!

グローバル化が進む中、英語ニーズが高まってきていることは間違いありません。

 

 

しかし、留学というとものすごく高額な費用がかかるというイメージが強く、「留学したいけど、費用がな、、。」と思っている方は多いですよね。

 

そこで、

今回は「安価な費用で留学する方法」をお伝えします! 

 

  

 

留学費用の相場って!?

f:id:nicks-carmero:20180826201811j:plain

 

まず、そもそも留学費用の相場はどのくらいなのでしょうか?

答えは「国と時期によって異なります」 

例えば、カナダやアメリカイギリスといった先進国、物価が高い国に留学すると必然的に費用は高くなります。

また、日本円と現地通貨との為替レートの関係があるので、時期によって異なります。

 

よって変動幅は大きいのですが

平均としては1年間の留学で200〜400万くらいです。

 

ちなみに治安の悪いところにでもいいなら

もう少し安くできます。

しかし、めっちゃ危ないので

それはオススメしません。

お得留学①:東南アジア

日本からの距離も近い

フィジーやフィリピンへの語学留学は1ヶ月で約25万円かかります。

ちなみに3ヶ月で50万円なので、

長期滞在した方が費用は抑えることができます。

最も費用が安い留学方法です。

しかし、この手の方法は

日本人で集まってしまう傾向にあります。

 

これでは留学をする意味がありません。

夏休みに海外で英語を学んで少しだけ話せるようになりたい方にはオススメです!!

 

お得留学②:オーストラリア留学

 

海外留学する場合、アルバイトはできないのが普通なのですが、

オーストラリアでは就労を許可してもらえます!

要は留学しながらお金を稼げます。

 

海外に入国及び滞在する場合、VISAというものを申請しなければいけません。簡単にいうと入国許可証みたいなもんです。VISAにも種類があり、学業に励むことを許可するVISAや働くことを許可するVISAなどがあります。

通常、日本から留学にいく場合、働くことはできない、学業のみのVISAです。

 

しかし、オーストラリアでは、留学生に就労を許可しています。

別途、就労ビザの申請をする必要はありません。

生活費のためのアルバイトも、本格的なインターンもできます。

具体的には3ヶ月以上滞在するのであれば、働くことができるようになります。

※日本の大学側が働くことを許可しない場合が多いですが、ばれないので大丈夫です(笑)

 

ちなみにオーストラリアの時給は

現在(2018/8/26)、17ドルです。

日本円にして1700円、、、高すぎやろ。

 

まとめ

①留学は長期の方が費用が安い

②オーストラリアは3ヶ月以上滞在するなら働くことができる

③東南アジアへの留学は費用が安い

 

①〜③は簡単にポイントをまとめました。

ちなみに一番費用を抑える方法は現地でお金を使わないことです。

留学中は色々と誘惑が多いので、できるだけ節約し、自分が本当に訪れたい場所等にだけお金を使いましょう!!

 

合わせて読みたい!! 

jukenkkdr.hatenablog.com