Study Academy

関関同立・産近甲龍に特化した情報誌

英語対策@関西学院ver

f:id:nicks-carmero:20181014134149j:plain

 

こんにちは!

英語講師のNomuです。

 

今回は関西学院の英語対策の記事です。

 

関西学院の英語は様々な問題形式があります。

よって、関西学院の英語対策は早めに始めることをオススメします。

 

  

 

 

 

はじめに

神学部、文学部、社会学部、法学部、経済学部、商学部
人間福祉学部、国際学部、教育学部総合政策学部理工学部

個別日程と全学部日程の問題形式も変わらないので、どちらも受けることをオススメします。

  

⬇︎⬇︎合わせて読みたい⬇︎⬇︎

jukenkkdr.hatenablog.com

 

 

 

 

 

問題傾向

試験時間:90分(全学部日程・英型のみ75分)

 

満点:200点 

 

形式およそ80%がマーク式、残り約20%の和訳と英作文が記述式

 (全学部日程は全問マーク式、全学部日程・英型のみ全問記述式)

 

構成大問6題(全学部日程・英型のみ大問2題)

問題[Ⅰ]〜[Ⅲ]長文読解(空所補充・下線部一致・内容一致・下線部和訳)

問題[Ⅳ]文法・語彙問題(4択穴埋め)

問題[Ⅴ]整序問題2問・和文英作文1問

問題[Ⅵ]会話文

 

問題別対策

大問〔1〕〜(3)長文読解(空所補充・下線部一致・内容一致・下線部和訳)

■長文対策

関学英語長文は、読みやすい傾向にあります。

構造が複雑な文が出てくることはありますが、テーマ自体がとらえやすい文章が多いんです。

1文1文をしっかり読めていれば、問題なく文章が理解できます。

しかし、関学の英語は時間制限が厳しいですから、正確かつスピーディに読めるようにしていかなければいけません。

 

また関学英語長文を解く際には、注意が必要です。

問題の最後の内容一致、内容不一致問題が全て文章全体の内容から出題されます。

1つのパラグラフから1つではなく、文章全体の内容から出題されるので、正解・不正解の判断が難しいんです。

文章をすべて読んでいざ問題に取り組むと、「あれ、この選択肢はどっちだっけなぁ・・・」とかなり悩むことになるでしょう。

そうならないために、1つパラグラフを読んだら、選択肢に目を通しましょう。

そして正解、不正解だと判断できるものについては、その時に×をつけてください。

分からないものには△をつけて下さい。

 

そうすれば頭に長文の内容がバッチリ入っている状態で問題を解けるので、正答率が上がります。

何度も文章を読み直さなくてよくなるので、時間の短縮にもなりますよ。

 

 

 

大問〔4〕〜〔5〕文法・語彙問題(4択穴埋め)・整序問題2問・和文英作文1問

■文法対策

関学の英語は、とにかく基本的な語彙力と文法力が問われます。

基本的な英単語英熟語は瞬時に訳を言えるようにしておきましょう。

文法は深く理解したうえで、センター試験レベルの問題は安定して9割ほど取れる力を身につけましょう。

そうすれば関学の英語は、かなり攻略しやすくなります。

 

英単語に関しては、中学生レベルの単語帳からスタートして、MARCH関関同立レベルのところまでカバーしましょう。

関学の英語では、語彙を直接問う問題がとても多いです。

確実に得点できるよう、英単語を覚える際には、1語1訳だけではなく複数の訳を覚えてください。

1語に対して重要な訳を2~3個覚えておくことで、より得点力が上がりますよ。

システム英単語やターゲットの派生語まで覚えておきましょう。

 

関学の英語では、英熟語を直接問う問題もかなり出題されます。

英熟語を覚えずに受験に臨んでも、合格はかなり難しいでしょう。

英熟語に関しては、速読英熟語、解体英熟語、英熟語ターゲット1000など、有名どころの英熟語帳1冊でOK。

1000個ほどの英熟語を覚えなければいけないので、苦労するでしょう。

 

また関学の英語では、英熟語の前置詞を問う問題がとても多く出題されます。

英熟語を見て訳を言えるようにするだけでなく、セットの前置詞まで覚えるようにしましょう。

例えば、「putに何という前置詞をくっつけると、「(服を)脱ぐ」という意味になるか。」

という質問に答えられるように覚えておけば、しっかり得点できます。

 

大問4と大問5は、どちらも文法問題になっています。

大問4はオーソドックスな問題で、大問5は並び替え問題です。

まずは英文法の土台をガッチリ固めて、大問4で8割以上を取れるようにしましょう。

素直な問題が多いので、基本ができていれば得点するのは難しくありません。

講義の参考書で英文法を深く理解してから、NextStageなどの問題集を1冊完璧にすれば、8割以上は堅いでしょう。

 

ここまでの勉強法で英文法の基本が固まったら並び替え問題を対策しましょう。

並び替え問題のカギは、「いかに選択肢を減らすか」

選択肢が多いからこそ、組み合わせのパターンが増えて難しく感じてしまうんです。

組み合わせられるものを先に合体させて選択肢を減らすことで、難易度を下げてしまいましょう。

 

大問〔6〕会話文

■会話問題

関学の会話問題は、いわゆる「会話の定型句」はあまり出題されません。

会話文ならではの、知らなければ意味が分からない表現があまり出てこないので、対策はさほど難しくないですよ。

ポイントは、「いかに会話の情景をイメージできるか」

関学の会話問題は文章が長いので、会話をしっかりイメージできていないと、流れを終えなくなってしまいます。

そうならないように、会話がどんな雰囲気で、どんな場所で、どんな人によって行われているかをイメージしましょう。

この意識を持ったうえで、たくさん過去問演習をして、関学の会話文に慣れれば、しっかりと合格点が取れます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

関西学院大学の英語は試験時間の割に問題数が多いので

スピーディーに問題を解くことが必要になってきます。

最後まで頑張って下さい!!

 

 


⬇︎⬇︎合わせて読みたい⬇︎⬇︎

jukenkkdr.hatenablog.com

jukenkkdr.hatenablog.com