Study Academy

関関同立・産近甲龍に特化した情報誌

倍率・合格最低点上がってます-公募推薦入試-

f:id:nicks-carmero:20181114105723j:plain

 


こんにちは!

英語講師のNomuです。

 

 

前回の記事にも記述しましたが、

今年度の入試は全く読めません。

 

⬇︎前回記事をまだチェックしてない方へ⬇︎ 

jukenkkdr.hatenablog.com

 

そして、摂南大学公募推薦入試の合格発表がありました。

では、みていきましょう!

 

 

 

  

 

 

摂南大学の入試結果を昨年と比較

f:id:nicks-carmero:20181114110554p:plain

上記が昨年の文系学部の摂南大学の入試結果です。

 

 

では、今年はどうなっているのでしょうか??

f:id:nicks-carmero:20181114110711p:plain

 

全体として、下記のような傾向にあります。

合格最低点:上昇幅は3〜5%程度
倍率   :昨年2〜4倍→今年4〜7倍程度

 

他の大学はどうなるのか??

※あくまで個人的見解です。

近畿大学

全体として、倍率(=志願者増加)が跳ね上がっているので、合格最低点も上がる。

 

龍谷大学

やや倍率が高くなっているが、合格最低点の大きな変動はない。

しかし、文学部の仏教学科等の昨年、合格最低点が低かった学部・学科に関しては

今年度、志願者が増加し、合格最低点が少し上昇すると予想。

 

京都産業大学

受験資格が「現役生のみ」なので、倍率の大きな変動はない。

昨年の人気学部である現代社会学部は志願者が減っている。

また、文化学部国際文化学科の志願者が大きく減少している。 

 

 

総評

 全体の傾向として

①昨年の倍率が高い学部は倍率が少し低くなっています。

→「去年倍率高かったし、やめとこか」と考えた人がたくさんいた。

②経営・経済・商学部はどの大学も志願者が前年比増加 

→近年、人気のある文系学部

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

公募推薦入試でこれだけの志願者増なので

一般入試となると、もっと多くなると思います。

よって、一般入試、特に関関同立を受験しようと考えている方は

油断できませんね!! 

 

 


⬇︎⬇︎合わせて読みたい⬇︎⬇︎

jukenkkdr.hatenablog.com

jukenkkdr.hatenablog.com