Study Academy

関関同立・産近甲龍に特化した情報誌

大学受験の英作文勉強法

f:id:nicks-carmero:20181205153446j:plain


こんにちは!

英語講師のNomuです。

 

 

外部英語検定での4技能試験や

同志社関学で出題される英作文ですが、

今回は英作文の勉強法に関しての記事です。

 

 

 

 

⬇︎前回記事をまだチェックしてない方へ⬇︎ 

www.studyac.net

www.studyac.net

 




 

 

 

  

 

 

英作文の勉強を始める前に

英作文には“和文英訳”と“自由英作文”がある

大学受験の英作文の問題は、大きく 和文英訳”“自由英作文” に分かれています。

和文英訳とはその名の通り、与えられた日本を英語に訳していくもの。

自由英作文とは、あるテーマや題材に沿ってゼロから英文を書き上げていくものです。

基礎を身につける段階での勉強法については両者の間に大きな違いはありませんが、実践レベルになりますとそれぞれ必要な対策が異なってきます。したがって、自分が受験する大学の入試問題ではどちらが出題されるのかを事前に確認しておきましょう。

まずは単語と文法から習得していくなど、自分の学習段階に応じた勉強を進めていく必要があります。この記事を参考に、英作文の効率的な学習を進めていきましょう。

 

英作文のルール

 

英作文は自分が書ける英語で書く

和文英訳と自由英作文どちらにも共通するお話ですが、英作文を書くにあたって頭に入れておいてほしい基本的事項があります。それは使い慣れていない単語や表現はできるだけ使わないようにするということです。

無理に使おうとすると、単語のつづりを間違えたり、動詞とセットで用いる前置詞を誤ったり、といったミスが起こりやすくなります。そしてこのようなミスが連発してしまうと、たとえ英文が意味する内容そのものがすばらしかったとしても、実際の点数は伸びません。

自分のレベルで無理なく使える英語を使うことが、英作文で点数を落とさない秘訣です

 

中学レベルの英語は書けるようにしておく

“自分が書ける英語で書く” を意識したとしても、英語の基礎中の基礎すら満足に習得できていない状態では、とれる点数もとれなくなってしまいます。したがって、最低でも中学レベルの英語はしっかりと書けるようにしておきましょう。逆にいえば、大学受験の英作文では中学レベルのミスが命取りになるのです。

特によくあるのが、
①単語のつづりのミス
②3単現のsのつけ忘れ
③時制のミス
④現在分詞と過去分詞を逆にしてしまうミス
⑤前置詞のミス(異なる前置詞を使う、接続詞との混同、など)
などです。簡単な英文をミスなく書ける状態にしておかないと、入試本番でもあちこちでミスを連発してしまいます。

“それくらいなんとかなるだろう” と考えている人も多いようですが、実際に英語を書かせてみると、中学レベルの文ですら上記のミスが散見されるものです。これでは、たとえ何年分の過去問を解いたところで、進歩はほとんど期待できないでしょう。

 

英作文対策の勉強法

■STEP1:単語、文法

STEP1は、英作文を学習するにあたって、まず必要になる単語力と文法力の基礎固めです。

結局のところ、どんなに複雑な文でも単語と文法の組み合わせで構成されているので、このふたつをしっかりと押さえられなければ、なにをやっても得点を伸ばすことはできません。実際、大学受験直前になってもなかなか英作文で得点を伸ばせずにいる人を見てみると、このどちらか、あるいは両方に問題があることが多いようです。

まず単語に関してですが、よく英単語の意味を赤シートで隠して覚えるという人がいますよね。長文読解やセンター試験の選択問題のためだけでしたらこの方法も有効ですが、英作文対策という観点から考えると、それだけでは不充分です。つまり、ただ日本語の意味を覚えるだけではなく、日本語を見て英単語が書けるようにアウトプット力を鍛えることが、英作文の力をつける第一歩目となります。

 

次に、文法です。

英文法の知識が中途半端な人は、4択の問題なら正解できたとしても、整序問題では間違えてしまう傾向にあります。そしてさらに、整序問題にはまだ“並び替えの選択肢”というヒントがありますが、和文英訳にはそれがありません(整序問題の選択肢がないものが英作文と思えばよいでしょう)。文法力をしっかりと身につけておかないと、英作文には太刀打ちできなくなってしまうのです。

もちろんはじめのうちは、4択問題を正解できる基礎知識を定着させることを目標にしてしまってかまいません。当たり前のことですが、4択問題で間違える人が正確に英作文を書けるはずはありませんからね。

文法問題集を何周か繰り返してだいたい正解できるようになってきたら、次に整序問題を解いてみましょう。整序問題は4択問題のときのようにスラスラとは解けないかと思いますが、ここを頑張って乗り越えましょう。

 

 

■STEP2:例文暗記

次に、例文暗記を進めていきます。

例文を覚える際には、単に丸暗記をしただけではやはり意味がないということを常に念頭に置いておきましょう。定期テストでそっくりそのまま同じ問題が出た経験に味を占め、入試でも同じ方法が通用するはずだと安易に考える人もいるようですが、残念ながらそれは違います。当然のことですが、実際の入試では暗記をした英文がそのまま出ることは十中八九ありませんからね。

したがって例文暗記は、“日本語に対応する英語構文が出てくるかどうかのトレーニン” だと解釈するようにしてください。

構文が正確に書けないようではせっかく頭に浮かんだとしても意味がないので、うろ覚えなものはスラスラ書けるように練習しておきましょう。その際に類似表現も併せて覚えてあげると、知識が増えて英作文以外の分野の得点にも結びつくことが期待できます。

 

 

■STEP3:自由英作文を対策する

 STEP3は自由英作文のための対策となります。はじめに述べた通り、自由英作文は出題される大学が限られているので、もし自分の受験校が自由英作文を出題しないということでしたら、この段階は飛ばしてSTEP4へ移ってしまってかまいません。

自由英作文で重要になってくるのは、まずは語数です。たいていの場合「〇〇字以内で」や「〇〇字前後で」といった指定が課されるため、それをしっかりと守る必要が出てきます。

次に重要なのは設問のタイプをチェックすること。よくあるパターンは「〇〇について自分の意見を書きなさい(賛否を答えなさい)。」「〇〇だったら、あなたはどうするか答えなさい。」などです。また空所補充形式の自由英作文もあり、その場合は前後の内容と矛盾しないように解答を考える必要があります。

100語を超える長さの自由英作文は、導入と自分の意見、理由を書いた上、結論まで書くことが望ましいでしょう。自由英作文は自由に書いてよいという意味ではないのです。

一見難しそうに思えるかもしれませんが、スタイルはワンパターンです。自由英作文の型を覚えてしまえばたいしたことはありません。下記に紹介する問題集・参考書を使ってスタイルを覚え、そのまま使えるようになりましょう。

 

 

■STEP4:問題演習・過去問演習

最終段階では、問題演習を通して確かな力を身につけます。過去問にも取り組みましょう。

今までの学習がきちんとこなせていればそれほどひどい解答にはならないと思いますが、書きあげた解答は学校や塾の先生に添削してもらうなどし、自分の弱点を補強していきましょう

 

英作文のコツとポイント

■譲歩構文を活用しよう

譲歩構文は自由英作文で非常に使える表現です。譲歩構文とは「~だが…する」「たとえ~だとしても」といった表現のこと。自由英作文ではしばしば自分の意見を求められますが、いきなり自分の意見を書くよりも、譲歩構文をうまく使って「〇〇という人もいますが、△△だと思います。」のように書いたほうが論理的に感じられ、短時間に字数を書くこともできます。

譲歩といえば Though / Although を思い浮かべる人が多いかと思いますが、上に書いたような Some people say ~, but … という書き方や、Even if [ Even though ] , may ~ but など様々なバリエーションがあります。パターンを一通り覚えておいて損は絶対にありません。

 

■書き方のバリエーションを変える

主に和文英訳において、どうしても日本語のとおりに書けない場合の対処法です。そのまま日本語のとおりに書かずに、日本語と英語で主語を変えてみたり、様々な変化をつけたりすることによって、案外簡単に書くことができたりします。

中でもよく使える表現が無生物主語構文です。人を主語にして書いて不自然な英語になってしまったり長くなってしまったりするようなときに使うことをおすすめします。

 

まとめ 

いかがでしたか?

 

英作文は難しいと思われがちですが、

しっかりと対策をすることで得点源になります。

添削してくれる人が周りにいないと言う方は

LINE@にて無料添削しているので、

是非、登録して下さいね!!

 

 

⬇︎⬇︎LINE@始めました⬇︎⬇︎

英作文の添削や勉強の悩みを受け付けています!

是非、登録して下さいね!!

LINE@限定の情報も発信していきます!!

友だち追加

 

 


⬇︎⬇︎合わせて読みたい⬇︎⬇︎

jukenkkdr.hatenablog.com

jukenkkdr.hatenablog.com