Study Academy

関関同立・産近甲龍に特化した情報誌

公募推薦入試 総評-龍谷大学-

f:id:nicks-carmero:20181209213807j:plain
 

こんにちは、 

英語講師のNomuです。

 

11/24.25と龍谷の入試がありましたね。

みなさん結果はどうでしたか?

おそらく、いろいろな憶測が飛び交い不安になっている方もいると思います。

 

今回は、龍谷公募の総評を述べていきます。

 

 

⬇︎前回記事をまだチェックしてない方へ⬇︎ 

jukenkkdr.hatenablog.com 

 

 

 

  

 

 

京都産業大学(11/24,25)

f:id:nicks-carmero:20181209214144p:plain

f:id:nicks-carmero:20181209214158p:plain

 

 

龍谷大学の英語は1、2日目とも難易度は易しかったですね。

よって、国語の点数で合否が決まったと思います。

 

合格最低点

問題の難易度は例年通りですが、倍率は上昇しました。

合格最低点が上昇している学部学科がほとんどです。

主な原因として、下記の1点が挙げられます。

①浪人生の増加です。

 

近畿大学ほどの倍率の上昇は見られませんが、

龍谷大学も浪人生が受験できる大学なので、

倍率が上昇し、合格最低点も切り上げられました。

 

また注目すべきは前年度、倍率が低かった

文学部の仏教学科や真言宗学科の倍率・合格最低点が上がっていることです。

公募推薦入試全般に言えることですが、

「受かりやすい学部」という認識をされている学部のほとんどが

公募推薦入試でことごとく倍率が上がって合格最低点が上昇しています。

狙いを定めて、「この学部だけ」という出願方法はリスクが高いですね。

 

2019年度公募推薦 龍谷

f:id:nicks-carmero:20181209215311p:plain

 

2018年度公募推薦 龍谷

f:id:nicks-carmero:20181209215339p:plain

 

 



まとめ

いかがでしたか?

 

一般入試での受験を考えている方は

選択科目である社会や理科の勉強を開始して下さいね!

終わったことをずっと気にしても意味がありません!!

 

では、頑張って下さい!!

 

 


⬇︎⬇︎合わせて読みたい⬇︎⬇︎

jukenkkdr.hatenablog.com